東京ディズニーランド(Tokyo Disney Land)・パーク 撮影
千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)の中核となる『夢と魔法の王国』。1983年4月15日、アメリカ以外で初のディズニーパークとして誕生し、現在でも世界一の集客力を誇るテーマパーク。シンボルはシンデレラ城。頭文字を略して『TDL(ティーディーエル)』または『ランド』と呼ばれる。
公式サイト http://www.tokyodisneyresort.co.jp(オフィシャルホームページ)
住所 千葉県浦安市舞浜(東京ディズニーリゾート内)
主な最寄駅 JR京葉線「舞浜駅」南口より徒歩約5分
TEL 0570-00-8632(総合案内) 地図を別ウインドウで表示
駐車場 東京ディズニーランド駐車場を利用(有料)
電車でのアクセス ◇ JR京葉線「舞浜駅」南口より徒歩約5分
◇ ディズニーリゾートライン「東京ディズニーランド・ステーション」徒歩すぐ
クルマでのアクセス ◇ 首都高速湾岸線「浦安」出口から約5分 ほか
チケット料金
(TDLとTDSは同料金)
2014年4月1日〜
2014年4月1日〜 大人
(18歳以上)
中人
(12-17歳)
小人
(4-11歳)
1デーパスポート 6,400円 5,500円 4,200円
2デーパスポート 11,000円 9,800円 7,600円
3デーマジックパスポート 14,200円 12,700円 9,800円
4デーマジックパスポート 16,500円 14,800円 11,500円
スターライトパスポート(※2) 5,000円 4,400円 3,500円
アフター6パスポート(※3) 3,400円
※1)上記は全ていずれかのパークのみ利用可能
※2)土日祝日(スターライトパスポート取扱日)15時以降に入園できるパスポート
※3)祝日を除く月〜金(アフター6パスポート取扱日)以降に入園できるパスポート
マルチデーパスポート、年間パスポートなど、その他のチケットについては公式サイトを参照
営業時間 公式サイト「パークカレンダー」にて確認を(基本は9:00〜22:00)
定休日 年中無休(一部休止のアトラクションやショーを公式サイトで確認しておきましょう)
ポイント(1)
「年間2500万人以上」
1983年4月15日、アメリカ以外で初のディズニーパークとして誕生したディズニーのテーマパーク。隣接する東京ディズニーシー・パーク(TDS)と合わせて年間2500万人以上が訪れる。そのため平日・休日を問わず常に混雑しており、1日で楽しむにはそれなりのテクニックを要する。
ポイント(2)
「7つのテーマランド」
パーク中央のシンデレラ城をシンボルに、7つのテーマランドで構成されている。テーマランドはそれぞれのテーマに合わせ装飾やキャストのコスチューム、アトラクションなどイメージの統一化が図られており、細かなこだわりは半端じゃない。≫各テーマランド詳細へ(現在作業中)
ポイント(3)
「キャラクターに会える」
ミッキーと仲間たちが住む町『トゥーン・タウン』がパーク内にあるという設定から、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、グーフィー、プルートなど、ディズニーの主だったキャラクターに会える(=キャラクター・グリーティング)確率がTDSよりも高いことが、人気要因の一つである。
ポイント(4)
「FPとモバイルサイト」
TDLには約40のアトラクションが揃い、TDS(約25)に比べて圧倒的に多いが、小さな子供向けを除くと、充実感にそれほど大きな違いはない。人気アトラクションの殆どにディズニー・ファストパス(FP)が導入されているので、上手に活用しよう。モバイルサイトも待ち時間チェックに有効。
ポイント(5)
「パーク内に泊まれる」
2008年TDLの目の前にディズニーホテル『東京ディズニーランドホテル(TDH)』がオープン。内装・外装ともにTDLのメインエントランスなどと同じヴィクトリア様式のデザインが用いられ、夢と魔法の王国を延長して楽しめる。TDL正面の宿泊者専用エントランスを利用できるのも魅力。
ベストスポット シンデレラ城正面、ミッキーの家とミート・ミッキー
周辺の見所 東京ディズニーリゾート東京ディズニーシー東京ディズニーランドホテル
■東京ディズニーリゾートの特集記事
■今後、順次特集記事として掲載予定
掲載内容は2014年3月現在のものです
以下のコンテンツは現在更新作業中です。公開までしばらくお待ちください
カップルやファミリー、グループで楽しむための情報が満載。詳しくは下の写真をクリックしてください
***
***
***
***
***
***
***
***
***
≪Back 東京ディズニーリゾート東京ディズニーランド東京ディズニーシー ≫東京デートナビ